忍者ブログ

京都京町家改修京町屋古民家再生木造建築伝統工法社寺仏閣和室造作 修理修繕補修 木造建築用語集 byアラキ工務店

間柱とは?(まばしら)



間柱とは、の間に付く小さなで、一般在来軸組み工法では、30mm*105mm*3mあるいは、30*120*3mの木材が、使用される。
あいだのと称されてはいるものの基本的には、上の の荷重を支えているとも言い難く 壁(面)を構成するための縦の部材と考えた方がよい。

在来軸組構造では、
和室など真壁の部分は、60*30*3mあるいは、30*105*3mの木材をおとして施工される。

一般的には、上部ほぞ差し下部突きつけN75、2本斜めうちあるいは、上下大入れN752本斜めうち
され、筋違いなどの場合は、間柱の方を切り欠いてN75 2本平打ちされる。

、ホワイトなどの木材が、使用され、大体450ピッチで、壁のあるところに建てられる。

また、建築基準法
2条5項より、主要構造部には、一般的に該当しない。


参考)関連記事  間柱(あいばしら)とは?

間ばしらmabasiraマバシラま柱
京都 京町家改修用語集 用語、専門語の解説、説明
(古民家 京町家再生 木造建築伝統工法 社寺仏閣 和室造作用語集)

杉板くん☆の日記 (杉板君 杉板クン すぎいたくん スギイタクン)
木造住宅と京町家 by 京都 アラキ工務店
PR

yahoo検索

  • ウェブ全体を検索
  • 用語集内を検索

アイコン

管理者用 リンク

父の本


人気ページ(30日)


ブログパーツ

ランキング

少しお役にたちましたら、
クリックしていただけると
幸いです。
↓↓↓
blogram投票ボタン

その他

文章・画像・写真等の著作権は
管理者 に帰属します。
無断でデータをダウンロードして、商用に利用することは禁止します
また、改造、転写・複写、再配布も、しないでください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

アクセス カウンター 
きのう

 アクセスランキング

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA