忍者ブログ

京都京町家改修京町屋古民家再生木造建築伝統工法社寺仏閣和室造作 修理修繕補修 木造建築用語集 byアラキ工務店

木摺下地とは?(きずりしたじ 写真入)

①木摺りで、できた下地

単に木摺りということもある




上の写真の指差している下地が、木摺り下地

ただし、土壁を塗るためのもので、モルタル、ラス塗りのための木摺りではない。

②ラス地のこと
ラス地のことも、木摺りと呼んでいるが、その場合は、
少し大きめの90*12mmのなどの板を貼る
住宅金融支援機構の木造住宅共通仕様書によると、

5.1.11 木ずり
1.断面寸法は、12mm*75mm以上とする。
2. 継手は、・間柱芯で、突き付け、5枚以下枚に乱継ぎとする。
3.間柱 等への留め付けは、板そば20mm程度に、目透かし張りとし、それぞれ、N50釘2本を、平打ちする。
となる。


画像付き
京都 京町家改修用語集 用語、専門語の解説、説明
(古民家 京町家再生 木造建築伝統工法 社寺仏閣 和室造作用語集)

(杉板君 杉板クン すぎいたくん スギイタクン)

PR

yahoo検索

  • ウェブ全体を検索
  • 用語集内を検索

アイコン

管理者用 リンク

父の本


人気ページ(30日)


ブログパーツ

ランキング

少しお役にたちましたら、
クリックしていただけると
幸いです。
↓↓↓
blogram投票ボタン

その他

文章・画像・写真等の著作権は
管理者 に帰属します。
無断でデータをダウンロードして、商用に利用することは禁止します
また、改造、転写・複写、再配布も、しないでください。

にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

アクセス カウンター 
きのう

 アクセスランキング

忍者ブログ

[PR]

TemplateDesign by KARMA